七音日記

Just the way I am.

鹿の角切り ~Part3~

f:id:nanaox:20171019215509j:plain

 

 

さて先ほど勢子さんに抱えられた鹿は、

芝生の上に用意されたゴザと枕に寝かされます。

奈良の鹿は神様のお使いなので、このように大切に扱われるのですね。

 

 

f:id:nanaox:20171019215521j:plain

 

 

頭と足を抑えられて大人しくなった鹿の角を

神主さんがのこぎりで切っていきます。

鹿はゴザの上でされるがままの状態です。

 

この姿を見て『可哀そう・・・』と言う人もいました。

でも、爪を切るような感覚でしょ?

全然アリだと思います。

 

 

f:id:nanaox:20171019215534j:plain

 

 

あっという間に2本の角は切られました。

この鹿の角は販売されているようで、

売上金は鹿苑の維持管理のために使われるそうです。

 

角がなくなり身軽になった鹿は

軽快に広場を走ったあと奈良公園へと出ていきました♪

 

 

f:id:nanaox:20171019215549j:plain

 

 

鹿の角切りは完全入れ替え制のため、

1回に3頭の鹿の角切りが終わると

観客は全員外へ出なくてはいけません。

外では2回目の入場を待つ方たちの長い列がありました。

 

 

珍しい行事を見ることができて満足し、

春日大社の本殿に行くのを忘れてしまいました・・・。

気づいたのは大仏殿の近くまで歩いた時のこと^^;

意外と広い奈良公園。もう戻る気は起りませんでした。

 

 

またいつか、行こ。